Choco-Goura Keepers

チョコレートグラミーの育成とアクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

懐が少しばかり温まったので、即座にナノストムス・エスペイを追加した話

アクアリストの端くれは、お金があればアクア関連のモノをついつい買ってしまう習性がありますよね??

自分もボーナスが出て、少しばかり懐が温かくなったこともあり、次回リセット用の石を結構買いました。

そして、生体も。


生体の購入を決めてから、主な候補は2種類でした。

「スファエリクティス・バイランティ」 と 「ナノストムス・エスペイ」

どちらも名前の覚えにくさで選定したわけではありません。

チョコレートグラミーを飛び出しで1匹亡くしてしまって、グラミー3匹だと少し寂しかったので、前から気になっていたバイランティが第一候補でした。
水槽のキャパから1匹が限界だと思ったので、もし、ピンポイントでメスが購入できるなら即決だったと思いますが、通販だとほとんどが選別不可ですし、田舎のアクアショップにはバイランティは見当たりません。
そんなタイミングでいつも見ている通販ショップのバイランティが売切れてしまっていた事もあり、最近はそうでもないらしいですがオリンピックフィッシュと呼ばれているエスペイの希少性から、購入できる時に購入しておこうという思いが強くなって、自分にとっては高級魚の「ナノストムス・エスペイ」を思い切って購入する事にしました。3匹。


エスペイが到着してからトリートメント水槽が調整中(アンモニアはなくなりましたが、物理ゴミが沈殿していて、処理しきれていない状態)ということもあり、約1時間の温度合わせの後、4時間以上かけて点適法で水合わせを行ってメイン水槽に投入しました。


経過は以下の通り
・11:00に生体到着。到着時の水温20度、pH7.2
・袋の水毎ビーカーに入れ、エアレーションをしながらメイン水槽に浮かべて水温合わせを開始。
・12:25から点適法で水合わせ開始。
 ※ビーカーには10Wのプリセットヒーターも設置
・17:15にメイン水槽に投入


袋からビーカーに移すときにエスペイが1匹勢い良く飛び出して流しに落ちましたが、奇跡的に取り外していた袋の上に乗っかり無事に救出。
ほんと焦りました。
エスペイは環境に慣れないと良く飛び出すらしいので、注意が必要ですね。
当面はメイン水槽の水位もいつもより低めに下げて監視する予定です。

現在の様子


やっぱり6匹になると存在感が違っていいですね。


これでメイン水槽は過密気味になるので、これ以上生体は入れられないと思います。
またしばらくは日常管理に専念です。

ただ、バイランティは近いうちに飼いたいですね。


よろしければ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

読んでいただき、ありがとうございました!