Choco-Goura Keepers

チョコレートグラミーの育成とアクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

不甲斐無い飼い主の話

チョコグラ飼育期間が200日になったという内容のブログをあげたばかりですが、

ごめんなさい。

悲しいお知らせです。

 

昨日、仕事から帰って、水槽を見ると、チョコグラが1匹だけ見当たらない。

水槽内を隈なく探しても、見つけられませんでした。

 

この時点で少し嫌な予感がしました。 

 

予感の通り、チョコグラは水槽の外に飛び出していました。

見つけたときにはすでに亡くなっており、どうすることもできませんでした。

 

原因は冷却ファンを外した後の蓋の隙間だと思います(写真の隙間)

f:id:toronto1030:20171012211436j:image

ファンを外した時に少し心配してたのですが、そのまま放置してしまった・・・

 

 

飛び出しは自然界ではおそらくあり得ない事です。

魚にしてみれば想定していない死因です。

しかも、自分はファンを外した時に、蓋に隙間があり、飛び出すかもしれないリスクは、現実としてはないと思いながらも、わかっていた。

完全に飼い主である自分のミスです。

本当に申し訳ない思いです。
 

 

 

亡くなったのは、このユニークな子。

2017年4月20日にチャームから購入した子です。

f:id:toronto1030:20171012195055j:image

初めから身体は小さくて、体型も模様も他のことは違う不思議な個体でした。
小さいくせに気が強く、餌の時などは、一生懸命フレアリングして、他の子を威嚇していました。
そんな子だったので、自分としても思い入れがあった。

 

 

水槽の蓋は対策を施しましたが、この様な失敗を2度と繰り返さないようにしないといけない。

深く反省した管理の行き届かない不甲斐無い飼い主の話でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました