読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choco-Goura Keepers

主にチョコレートグラミー育成ブログ

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

水質調整剤の自分なりの使い分けとフルボ酸に興味があったので、少し調べてみた話

何なんでしょうね・・・。

水質調整剤って、なんでこんなに人を振り回すんでしょうか・・・。

次から次へと試したくなるというか、あれもこれもと使いたくなるんですよね。

俺だけですかね??

f:id:toronto1030:20170524133910j:image

前に、こんな記事を書きました。

toronto1030.hatenablog.com

 

 今回は、水質調整剤に限って、一部、重複するところもありますが、自分なりの使い分けと、気になっている製品とその理由について記事にしてみました。

 

基本として使用している製品

  • アクアシステム CLC
    バクテリアを死滅させてしまう活性酸素を打ち消す抗酸化アミノ酸を加えた塩素中和剤。水換え時に規定量を使用
  • アクアシステム バイオバランス
    天然成分が原料のアミノ酸発酵菌を含んだバクテリア剤。プロジェクトフィルターとプロジェクトソイルを使用している場合はメーカー推奨ということもあり、2~3週間に1度、水換え時に規定量を使用。大体、水換え2回に1回使用している感じですね。

自身の環境で、バイオバランスをこの間隔で使用しなくてはいけないかどうかは、はっきり言ってわかりません。硝化ができていれば、おそらくは不要です。底面フィルターのみで、新規の立ち上げなら、硝化が出来上がるまでは、メーカーの説明通り添加する事で早期立ち上げの手助けになると思いますが、パイロットフィッシュを入れて、時間をかけて立ち上げるなら、MUSTではないと思います。

アクアシステムさんのASP方式については、以下をご覧下さいませ。

http://www.aqua-system.net/jp/asp_method.shtml

自身は底面濾過と外部濾過を併用しており、外部濾過は現在の環境(リセット後)の前から使用しているろ材セットのまま移行しているので、硝化は出来上がっており、バイオバランスを添加する必要はないのかもしれません。ただ、目には見えない事ですし、底面濾過は新規立ち上げなので、1ヶ月程度は、説明書通りに添加しようと思っています。

 

特殊な使い方というか、こういう時に使うと決めている製品

  • テトラ アクアセイフプラス
    トリートメント用(表皮、エラの保護)として。また、新しい魚をメイン水槽に入れて1ヶ月間はCLCの代わりに塩素中和も兼ねて規定量を使用。あと、pHを下げる目的でも使ってます
    ※市販薬との併用は不可。また、コロイド剤は水の粘度が高くなる為、酸素が溶解しにくくなる(水温が上昇し、酸素が溶解しにくくなる夏場の使用には少し注意が必要かも)
  • zicra ジクラウォーターベニッシモ 熱帯魚用
    トリートメント用(消化吸収促進)として。水の匂いや濁りを解消し、ミネラル分を含むため、水草の成長促進にも、少なからず効果がありそうなので、バイオバランスの代わりにメイン水槽に規定量以下を定期的に入れてみようかと、ちょっと考えています。

主にトリートメント水槽や、トリートメント直後の水槽に使ったり、水の匂いが気になるときに使用してみたりと、常時使用しないものになりますね。

アクアセイフの変わった使い方として、水換え時に新水のpHを下げたい時に、規定量以下を使用してます。これに関しては自身の実験結果を元に、自己責任でやってますね。

 

今後買うかもしれない水質調整剤

  • アクシズ ウォーター・サプリ
    とにかく【フルボ酸】が気になる。ジグラのベタ用には記載があり、含まれているのだろうけど、自身が持っている熱帯魚用には記載がない。入っているかわからないので、ジクラの置き換えとして、試してみたいなと思ってます。

 

そして、気になるフルボ酸について、少し調べてみた。

ブラックウォーターは、有機酸の一種である腐植酸やフルボ酸が溶け出した水を指すらしく、腐植酸にはフミン酸、タンニンなどが含まれる。
フルボ酸は植物にミネラルを補給する役目を担っており、腐植酸やフルボ酸が水質に与える影響としては、

1.フルボ酸やフミン酸は当然ながら、酸なので、水質を酸性に傾ける。

2.水質を酸性に傾けるので、これが、微生物の活動を鈍らせて殺菌効果に繋がる。要するに弱酸性による影響ですね。

3.腐植酸は金属イオンと結合し、難溶性の塩を形成する性質があるらしく、ナトリウム、カルシウム、カリウム等の金属イオンの濃度を低下させる。

4.水の硬度は、平たく言うとカルシウムやマグネシウムイオンの量を表わすので、硬度の低い軟水になりやすい。

これだけみると、ブラックウォーターがチョコグラに良いのは明確ですね。
逆に、カルシウム濃度が低下するので、甲殻類には悪影響こそないかもしれませんが、良い影響を与えるとは思えない。よく、シュリンプにフルボ酸。みたいに言われてますが、それが何故なのか?フミン酸ほど金属イオンとの結合力が高くないのか?その辺ははっきりわかりませんでした。

自身は甲殻類にあまり興味がないので、詳しいことは調べていませんので、間違いがあるかもしれません。もし知っている方がいれば、教えてください。

ただ、弱酸性を好む魚にはフルボ酸は良さそうですね。

ここまでで、おそらく自身は「ウォーター・サプリ」を買っちゃいます。
購入したらレビューしてみたいと思います。

以上、またも適当な見解を含んだ記事でした。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

リセットから半月経過したメイン水槽の話

子供の日にリセットして、ほほ半月経過したので、現在までの様子を書いておきます。

 

リセット後は底床の色も含めレイアウトも大きく変更し、また、照明も変更したことで、魚たちは、まだ新しい環境に馴染めていない感じ。特にCo.コンコロールは、人が水槽に近づくだけで、一目散に物陰に隠れてしまいます。慣れるまではまだ時間がかかりそうです。

新たに迎えたチョコグラは元気ですが、先住の2匹よりも体色が薄いのが少し気がかり。慣れてくれば良くなるんでしょうかね。経過を見守りたいと思います。

f:id:toronto1030:20170522103105j:image

チョコグラは4匹になった事で、餌やり時の追っかけっこも、分散してはいますが、相変わらず激しいです。餌やり以外では、そんなことはないんですけどね。

とはいえ、生体は、チョコグラをはじめ、低pHに馴染めるか心配していたヤマトヌマエビ含め、皆元気で、病気も怪我もありません。

 

水草の方は、照明を暗くした事と、底床肥料を使っていない事、何より底面フィルターを設置した事で、ソイルに植えたルドウィジアベトナムゴマノハグサ、ラオススプライト、ポゴステモン・ヘルフェリーが無事に根付くか心配でしたが、概ね順調です。一部、光の当たりにくい位置のスプライトが抜けてしまうので、脇芽を出したところからトリミングして差替えを行う予定にはしています。

クリプトもゲッコー、パルヴァ、トロピカ、バランサエの4種類とも安定している様に見えます。パルヴァは最初の植え込みが浅く、後日、浮いてしまったので、現在は深めに植えなおしてます。

ブセファランドラは薄っすらとコケがついていますが、ヤマトヌマエビがツマツマしてくれてますし、新芽も出ているので問題なし。

唯一心配なのは、ミクロソリウム・セミナロー。葉の一部が黒くなって、調子が悪そうなので、こちらも早々にトリミングして整えたいと思っています。

f:id:toronto1030:20170522105405j:image

上から覗いた水草の様子。現時点で肥料は与えていません。

 

リセットして間もないので、当然かもしれませんが、コケについては、ガラス面に薄っすらと付く程度で、状態は良いと思います。これは、余計な養分を吸収してもらう目的で植えたスプライトと、照明を暗くした事の効果が少しあるのかな。とも思っています。リセット前は養分吸収の目的でハイグロフィラ・ポリスペルマを植えていましたが、成長が早すぎて持て余したので、今回はスプライトにしてみました。

f:id:toronto1030:20170522102647j:image

光の当たるところは非常に順調なスプライト

 水質の方も良い意味でpH6.4〜6.6でほぼ、安定しています。

若干、硬度が高いのが謎なのと、硝酸塩濃度が25mg/l程度を常に検出するのが気がかりですが、こちらは水換えで対処できるので、しばらくは水換えをしながら注意深く観察していこうと思っています。

 

今後は、ブセファランドラを少しづつ増やしたいとは考えていますが、少しレイアウトを考えないといけないですね。

f:id:toronto1030:20170522105434j:image

現在の様子

読んでいただきありがとうございました!

水槽周りの関連機器やそのセッティングに関する話

少し暑くなってきましたね。
トロントです。

リセットも落ち着いてきたので、今の水槽に使用している器材やろ過セット、配線、配管を覚えておきたいなと思いまして。ネタもないので記事にしちゃいました。

 

メイン水槽と関連機器の設置、配線、配管
(位置関係などは実際と少し違います)

f:id:toronto1030:20170518151337j:image

照明、CO2、エアレーションは2系統のプログラムタイマーで一括管理しています。
自身は短期の出張が結構多いので、タイマーは必須ですね。
餌は自分でやりたいので、オートフィーダーにする気はありません。
留守中は娘に餌やりをお願いしています。

セッティングで特にこだわっているのは濾過とCO2関連ですね。

濾過の方法、中身については以前、記事に書いたので割愛しますが、各フィルターの吸出水側はダブルタップより水槽側にシリコンホースを接続しています。これは、吸出水パイプにリリィパイプを接続しているからで、やわらかく柔軟なシリコンホースは清掃時にパイプからめくる様に外せるので、パイプを割るリスクが減る。というネット情報を見つけたので、このアイデアを使わせてもらっています。なお、水槽の淵にもシリコンホースの真ん中に切れ込みを入れたものを挟んで、リリィパイプと水槽が擦れて、傷や割れが発生しにくい様にしています。

CO2については、水槽が30センチキューブなので、狭く、水槽内に拡散器を置きたくなかったのと、ディフェーザーのメンテが面倒なので、外部フィルターのホースに直接接続できるCO2マスターアドバンスを使用しています。外部フィルターの吸水側に接続するのは、メーカーの説明だと、外部フィルターにミキサーの役割を担わせ、CO2の溶解度を高くする為らしいです。
※エアレーションについても、エアーマスターアドバンスという製品があるので、それを出水側に取り付ければ、エアストーンと配管は水槽から出せますが、2211の出水パイプ径は10mmでエアーマスターアドバンスは12mmホースから対応なので、接続時にカスタマイズしなくてならず、面倒なのと、フィルターのそばにエアポンプを置くスペースがないので、今のセッティングにしています。
配管のポイントは二つ。
ひとつは、スピコンです。レギュレータにスピコンはついてますが、こちらはそもそも微調整がしにくい上にバブルカウンターから少し離れているので、うまく調整できず苦労した為、SMCの低速制御用スピコンをバブルカウンターの直前に入れて調整しやすくしています。
もうひとつは、ボールバルブで、吸水パイプの清掃時にCO2を止めるのですが、せっかく調整したスピコンを閉じたくないのと、電磁弁の電源プラグいちいち抜くのも面倒なので、開放されたスペースにボールバルブを設置しておくことで、簡単にCO2を止めることが出来て便利です。

 

保有している器材のリスト

こちらは、単に、メインとトリートメントの両水槽に使用している器材とリセット後に使わなくなった、もしくは最初から予備として持っている器材について、余計なものを買わないために、確認用として一覧にしたものです。
(消耗品は含みません)

f:id:toronto1030:20170517085108j:image

 ヒーターは壊れた時の予備として、水温計やエアーポンプなどは、水合わせや、隔離など一時的に使うことがあるので、1セット余分に持ってますが、あらためて紹介するほど変わったものや特別なものはもっていません・・・

現在使用している水槽ラックは60cm用なので、30cmキューブだと、上段にもう1つ水槽が置けるんですよねぇ。いつか増設を考えた時に「これはもってる。」「これは買わなきゃ!」って時に、このリストが役に立つかもしれませんが、読んでいただいている方にとっては何の役にも立たない情報ですね。申し訳ない。

これからどんどん暑くなってきますので、冷却ファンと逆サーモを買わないといけないかな。と思っています。流石にクーラーは買えませんのでね。それにあわせて水槽のフタも通気性のよいものに変えないといけないし。なるべく早めに準備したいと思っています。

 

読んでいただきありがとうございました!

水草用添加剤の中身に薄っすらとふれながら、自身の管理について少し紹介する話

水草用添加剤のほとんどは成分表示がないので、厳密には肥料ではないんですよね。

ですから、ここに書くことも、メーカーの説明書やネットの情報、一部自分で実験した結果をまとめたものになりますので、間違いや勘違いも含みます。たぶん。
そして大いに個人的な意見も含みます ^^;

 

で、まずはよく知られている添加剤(一部肥料を含む)と主成分表です

f:id:toronto1030:20170516220309j:image

ちなみに園芸用肥料である「ハイポネックス開花促進」の成分は0ー6ー4(窒素ーリンーカリ)また、アクアリウム製品だけど海外で成分が公表されているイニシャルスティックは、1ー0ー25(窒素ーリンーカリ)です。

こうしてみると、グリーンブライティ・ニトロは、他のものに比べて、なかなか難しい添加剤です。個人的には熱帯魚水槽用として窒素のみの添加剤が存在する意味がわからない。
窒素分はアンモニウムや硝酸を含む、もしくは分解されてアンモニウムや硝酸に変化するものを含んでいることが多く、メーカーも説明書に、アンモニア亜硝酸、硝酸を計測し、窒素過多に注意する旨の内容をしっかり書いてるので、これも例外ではないと思います。
水草は窒素、リン、カリをバランスよく吸収する為、多すぎる肥料分は余ってしまうでしょ?これがコケ等を発生させるのですが、どれだけ何が不足しているか把握するのは難しく、基本的には水草の成長度合いやコケの発生状況、水質などから判断する事になるのですが、窒素の場合、pHでは変化をつかみにくいと思うので、しっかり観察しながら、アンモニア、硝酸塩の含有量を定期的に確認していかないと、知らない間にアンモニア、硝酸塩が増えていき、最悪は生体にダメージを与えることになりかねない。
そういう意味で、ニトロは水槽内の状態を元に、ブライティK(ニュートラルK)、アイアン、ミネラルとセットで使ってね。という製品なんだろうなぁと思います。

そして、人気のカリウム肥料。
一般的な水草水槽では、魚を飼育していて、餌も与えているので、排泄物が分解された窒素化合物と餌などに含まれているリン酸は、水分中にあることが多い。だからカリウム肥料はアクアリウムでは人気があるんですよね。添加するのはカリウムだけでも良い。と言っているウェブサイトも結構あります。実際にはこれに微量元素(ミネラルってやつね)も必要だということなんですけど、一般的な環境においては、必要であればカリウムを添加する。というのがもっとも安全で効果のある方法だと自身も思います。
唯一の欠点はpHが上昇することですが、新しく発売された、グリーンブライティ・ニュートラルKは、メーカー説明でもpHが上がらないカリウム添加剤ですし、実際に実験した結果においてもpHは上がりませんでしたので、これがおすすめですね。

※:実験した結果はこちら

toronto1030.hatenablog.com

 

ここまで書いておいてなんですが、現在、自身はリストにある添加剤、肥料は一切使っていません。
まだリセットして間もないことや、陰性水草が多い事、底床がソイルというのもありますが、低光量でも、CO2添加のみで、そこそこ水草の調子は良いです。
魚を飼っている水草水槽なら、肥料云々を考える前に、CO2の添加を優先させるべきだと思います。

そして、自身は日頃、以下の様な事に注目して、何が起きているのかを考える様にしています(外れることも多々ありますが・・・)

  1. 水草の成長が鈍って、コケが増えてきたらカリウム不足による窒素過多の可能性が高い。ただし、この場合、水草の新芽が濃緑色になって、萎縮している場合は、逆にカリウム過多の可能性もある。
  2. コケも生えないけど、水草も育たない場合で、水槽内の生体が極端に少ない水槽では窒素、カリウム不足と考えられる。
  3. 黒髭ゴケが出たらリン酸過多の可能性が高い。
  4. 黒髭ゴケに加えてコケも多い場合は、リセットを考える。

これらを気にしながら水槽を眺めて、何かあれば、対処するわけですが、対処の仕方は人それぞれです。

自身の対処として、最近は、

加えるのではなく、減らす(外に出す)

事を中心に考える様にしました。

水換えの頻度や量の変更、コケの除去、照明時間の見直しや遮光、CO2添加量の調整などですね。

これでダメなら、1、2の場合は、水草用添加剤/肥料の投与。3の場合はリン酸除去剤の使用や木酢液の塗布などを行います。

これらの中には、pHやその他水質に影響を与えるものもあるので、当然、飼育している生体や水草、水槽の設置してある場所なども含め、環境に応じて実施しています。

pHへの影響については前に記事で記載しています

toronto1030.hatenablog.com

 

特に他の方と変わった事はしてませんね・・・

 

最近、よほどの事でない限り、何かあってもジタバタしない。というのが、水草にも生体にも一番良いのではないか?と考える様になって、万が一間違えた時でも、大怪我しない様に、まずは、加えるのではなく減らすのだろう。と思う様になりました。

そして、こうして自分の経験や考えを書き留めていく事で、次の失敗をより小さく出来ないか。と思い、この記事を書いてみました。

 

読んでいただきありがとうございました!

【Post-report】2017/4/20 - 5/8 チョコレートグラミー2匹のトリートメントから投入までの話

2017年4月20日時点で、我が家には2匹のチョコグラがいますが、餌の時間帯になると、これが結構激しくやりあうんです。

しかも強いのはいつも同じ。完全に上下関係が出来上がってしまっている・・・

今のところ、下の者のストレスは、それほどではない様ですが、このまま放っておくと、病気になったりしてしまうかもなので、白点病から3匹を落としてしまって間もないですが、思い切って、2匹の追加投入を決断しました。

今回は到着からメイン水槽へ投入するまでの記録を簡単にまとめてみました。

 

4/20(1日目)
トリートメントタンクは2日前にメイン水槽の水を1リットルとカルキ抜きした水道水を入れて、スポンジフィルターを稼動、ヒーターで27℃に設定し、スタンバイ済み。
18時55分に生体が到着。チョコグラは2体購入、今回はかなり体格差がある。1匹は体長が5cm程ある太った大きな個体で、もう一匹は3cm程度。
到着時の水温は22℃ほど。袋の中の水は少し黄色く色づいていたが、pHはなんと7.6!!
え?なんで??

謎です

生体は完全に色抜けして、半透明の状態。

温度合わせの後、19時30分からプリセットヒーター付きのビーカーで水合わせを開始。22時30分にトリートメントタンクに移動。
尾ビレは開いており、他のヒレの状態も悪くなく、外傷はないため、薬浴はせず、アクアセイフとジクラウォーターを添加して様子を見る事にする

4/21(2日目)
調子が良くない。ジッとしていることが多く、体色は悪いまま。この時点でトリートメントタンクの水質はpH:7.2、KH:6、GH:0で、亜硝酸、硝酸塩は検出せず。
pHが高いため、CO2タブレットを投入。また、落ち着ける様に、ミクロソリウム付きの流木をメインから移動して投入。タンク上部のみ遮光して薄暗くしてみる

4/22(3日目)
朝の時点でトリートメントタンクのpHは7.2。大きな個体は体色が少し良くなるも、底にジッとしていることが多い。小さな個体は相変わらず体色が悪い。
メインから500mlの水を入れ換えて、プロジェクトソイル水草を入れてpH調整を試みる

4/23(4日目)
トリートメントタンクの水質はpH:7.1、KH:3、GH:4で、亜硝酸、硝酸塩は検出せず。
朝、小さなチョコグラは表皮が少し白くなってる・・・なんだ??流木も白くなっているところがあった為、流木とCO2タブレットを撤去。白い粉の正体は不明だが、変化点から推測して、変化したものを取り除く。
小さい方の表皮が少し爛れてる様に見える為、メイン水槽からと新水を混合で1リットル入れ換えて、グリーンFリキッド1.5mlで薬浴に移行。このまま回復しなければ、グリーンFゴールド顆粒での薬浴に切り替えを考える。

それにしても今回の某通販大手のチョコグラは状態が悪い。餌を少し与えたが、ほとんど食べない

4/24(5日目)
トリートメントタンクの水質はpH:6.4、KH:3、GH:4で、亜硝酸、硝酸塩は検出せず。
小さいチョコグラの表皮の状態、体色は相変わらず悪い様に見える。タンク半分を新水に換えて、グリーンFゴールド顆粒0.1gで薬浴開始。トリートメントタンクの設置位置をキャビネットの下段に移動(暗くする為)

 

4/25(6日目)
トリートメントタンク水質はpH:7.0、KH:3、GH:0で亜硝酸、硝酸塩は検出せず。水が少し匂ったので、アンモニアを測定したところ0.25mg/l検出。半分水換えをし、バイオバランスを5mlを添加
アンモニア検出は少量だが餌を与えたのと、グリーンFゴールド顆粒でバクテリアがやられた為だと思われる。ただ、生体の状態は若干良くなったか
 
4/26(7日目)
トリートメントタンク水質はpH:7.0、KH:3、GH:0で亜硝酸、硝酸塩は検出せず。
朝の時点でアンモニア濃度を測定したところ0.25mg/lを検出。生体には厳しいが、半分の水換えを実施してバイオバランスを5ml添加。夕方にも500mlの水換えを行う。
生体自体は尾ビレを開いていて、小さい方も少し泳ぐ様になってきたので、汚れと不純物、残留薬品を吸着する目的で、ブラックホールを投入。明日からは徐々にメイン水槽の水に入れ替えて行く予定

f:id:toronto1030:20170426224226j:image

 

4/27(8日目)
メイン水槽との水合わせの意味で1/3(1.5l)の水換えを行う。トリートメントタンク水質は、pH:7.1、KH:3、GH:4で亜硝酸、硝酸塩は検出せず。

アンモニア濃度を測定した結果0.25mg/l。夜に追加で800mlをメインから水換え

 
4/28(9日目)
朝の時点でアンモニア濃度を測定した結果0.25mg/l。新水1lで水換え。夕方に底床掃除とメインから1/2水換えをし、アクアセイフ2mlとジクラウォーター5mlを添加。餌をほんの少し与えたが見向きもせず
 
4/29(10日目)
トリートメントタンクの水質は、pH:7.0、KH:3、GH:4で亜硝酸、硝酸塩は検出せず。
アンモニア濃度は相変わらず0.25mg/l検出。新水500mlとメインから1lを時間をおいて水換え
 
4/30(11日目)
トリートメントタンクの水質は、pH:6.8、KH:3、GH:0で亜硝酸、硝酸塩、アンモニア検出せず。
朝の時点でメインから1l水換え。夕方に餌を与えると、はじめて見ている前で捕食した
 
5/1(12日目)
トリートメントタンクの水質は、pH:6.9、KH:6、GH:0、硝酸塩:10、亜硝酸アンモニアは検出せず。
朝にメインから1l水換え。夕方にもメインから1l水換えを実施。ほぼメインの水と入れ替わったと思われる為、メイン水槽リセットまで様子を見る
 
5/2(13日目)
トリートメントタンクの水質は、pH:6.8、KH:3、GH:4、硝酸塩:10、亜硝酸アンモニアは検出せず。
餌は昨日から夜に1度のみ、メインで与えているメディフィッシュを与えているが食べるようになってくれている為、継続して与えていく
 
5/3(14日目)
メインから1lの水換えを実施
 
5/4(15日目)
メインから1lの水換えを実施
 
5/5(16日目)
トリートメントタンクpHは6.7。メイン水槽リセット実施。リセット後のpHが想定より低く6.0であったため、本水槽投入を中止し、もうしばらく水合わせを行うことにする。メインから1lの水換えを実施
 
5/6(17日目)
トリートメントタンクの水質は、pH:6.5、KH:3、GH:4、硝酸塩:25、亜硝酸アンモニアは検出せず。
メインから1lの水換えを実施
 
5/7(18日目)
トリートメントタンクpHは6.7。メインから1lの水換えを実施。2匹の様子は餌の時に少し追いかけるが、特に問題なく、順調と思われる
 
5/8(19日目)
トリートメントタンクpHは7.0。明後日から外出ということもあり、メイン水槽から点適法で水合わせをし、メイン水槽へ移動
 f:id:toronto1030:20170508220325j:image
水合わせ中
 
途中リセットもあり、予定の二週間を超えるトリートメントとなったが、無事に移動を完了。
気になることといえば、今回トリートメントしたチョコグラは最初から体色が良くないく、いまだに表皮が荒れて見える。
個体差なのかもしれないが、先住のチョコグラとは体色がかなり違う。ただ、尾ビレはしっかり開いており、泳ぎに異常は見られないので、今後も注意深く見守っていこうと思う。
f:id:toronto1030:20170508220341j:image
メイン水槽へ
 
基本的なトリートメント手順はこちら
 読んでいただきありがとうございました!

【実験】アクアセイフはpHを下げるのか?

先日のブログで、こんなことを書きました。

「当面の悩みどころは、住んでいる場所の水道水が、以前カリウム肥料の実験をした時にpH7.6でしたので、水換え時の新水のpHをどうするか。ですが、「アクアセイフ」がどうやらpHを下げる傾向らしいので、これを添加して近々実験してみようかな。と思っています。」

toronto1030.hatenablog.com

これが、ツイッターで、さざ波程度の反響でして。

自身もネットで、アクアセイフはpHを下げる。4in1はpHを上げる。

という文字を見てから気にはなっていたので、簡単な実験ですし、時間のある時にやってみようかな。と思ったんですが、すでにやられている方のブログを見つけたので、リンクを貼らさせていただきました。

「ねこひげさん」ありがとうございます!!

ameblo.jp

「ねこひげさん」のブログの結果だと、アクアセイフは少しだけpHに影響を与える様です。

 

では家の水道水だとどうなのだろう??

 こりゃ確認するしかないですね。

 

ということで、簡単に確認してみることにしました。

確認手順としては

 1.水道水を5lバケツに入れて、pH、KH、GHを測定

 2.1.の水道水を1lビーカーに入れて試験対象の添加剤を規定量投与してpH、KH、GHを測定

 3.最後にバケツの水を再測定

pHはエコペーハーで、KH、GHは6in1試験紙で確認してみる

 

では、実験結果です。 

エコペーハーは実験前に校正液で校正済みです。

実験対象の添加剤と結果

f:id:toronto1030:20170513073832j:image

※4in1だけ入れ物が違います^ ^

水道水

  pH:7.0
  KH:3
  GH:0

今回の基準値ですね。蛇口をひねっただけの常温水です。前回の実験よりpHが低い原因は不明ですが、何度測ってもこの数値でした。

 

アクアシステム CLC

 規定量:10lに2ml

 テスト:1lで0.2ml

  pH:7.2
  KH:3
  GH:0

一般的に塩素中和剤はpHを上げるモノなので、こんなもんだと思います。

 

テトラ アクアセイフ プラス

 規定量:12lに5ml

 テスト:1lで0.4ml

  pH:6.5
  KH:3
  GH:0

おっと、噂通りpHを下げますね。

 

ジクラ ジクラウォーター ベニッシモ
 規定量:30lに30ml

 テスト:1lで1ml

  pH:6.9
  KH:3

  GH:0

 若干pHが下がってます。

 

エーハイム 4in1

 規定量:20lに4ml

 テスト:1lで0.2ml

  pH:7.1
  KH:3
  GH:0

「ねこひげさん」の検証結果ほどpHは上がりませんでしたが、若干上げますね。

 

最後に

水道水(再確認)

  pH:7.0
  KH:3
  GH:0

  

確認結果から

アクアセイフは事前情報の通り、pHを下げる様です。ジクラウォーターも若干下げる傾向ですが、気にするほどではないですね。

どちらも塩素中和剤が入っているはずですが、それをも凌いでpHを下げる何かが入ってるんでしょうね。

ジクラウォーターは腸内細菌の活性化をうたっていて、消化吸収を高める効果がある様なので、消化酵素の影響かもしれません。

肝心のアクアセイフの成分については、お手上げ…。ただ、うちの環境には好都合です。

4in1、CLCはpHを若干下げますが、こちらも気にするほどではないと思います。CLCに関しては塩素中和剤なので当然の結果だと思われます。

 ちなみにKH、GHの変化はありませんでした。と言うより試験紙では読み取れない範囲内だったと言うべきですかね。

今回の実験は添加剤を投与して撹拌したのち、即測定した結果です。

したがって、経時での変化は不明です。また、個人の実験結果ですので、その辺は考慮ください。悪しからず。

 

読んでいただきありがとうございました!

チョコグラを100日間飼育してみて思った事をダラダラと書いただけの話

初めてチョコレートグラミーを購入したのは2017年2月1日。

これまでの飼育期間はほぼ100日。この間、経験したこと、感じたことを書いてみる。

そして、自身の今後につなげたい。

これまでの飼育記録

プロローグ的な

自身は田舎に住んでいることもあって、生体の購入は、ほぼほぼ通販に頼らざるを得ない状況です。

当然、はじめて購入したチョコグラ2匹も通販でした。

 

十数年ぶりにアクアリウムを再開するにあたって、この間のタイムラグを埋めるべく、ネットでセコセコ情報収集をしていたのですが、そんな時に、チョコレートグラミーなる天使の存在を知ってしまったんです。

そして、この天使を飼うしかない。と決めて、さらに調べてみると、

チョコグラは飼育難易度がお高め
すぐに病気になって、治らない
ブラックウォーターで単独飼育じゃないとダメよ
エトセトラ エトセトラ
 
なんですと・・・。
 
最初、なかなか購入に踏み切れませんでしたよ。
それでも、一度火が点いたら簡単にはあきらめられません。そういうものでしょ?
 
数少ない意見の中には、
混泳可能だし、最近の個体は状態もよいので、環境に順応しやすい。
などの情報もちらほら。
立上げからここまで順調だった水槽の状態も手伝って、ついにポチッと。
 

初めての2匹

2017年2月1日に2匹を購入し、点適法で水合わせにじっくり時間をかけて、本水槽に迎え入れ。このときにはトリートメントはしていませんでした。
投入後、しばらくは体色もあまり良くなく、ヒレも一部が雲ってましたが、飼育開始から20日を過ぎたあたりから体色も良くなり、ヒレもピンと張って、曇りもなくなる。
 
1ヶ月たったところで、チョコグラのエラ上部付近に赤い点々があることに気付き、心配していたが、有識者ツイッターで確認してもらった結果、どうやら幼少期に目立つ感覚器官ではないか?との事で一安心。
 
餌は最初から人工餌しか与えておらず、「ニチドウ メディフィッシュ」をパクパク食べた。その他のフレークや沈降の早い餌も試したが、興味の無いご様子。
餌を食べ終わると、チョコグラがヒレを開いて、水面に口をつけて、『ぷちっ!ぷちっん!』っと音を立てて空気を吐いてるような行動を取ることがあるが、これが何なのかは謎。餌をもっとくれぇー!!って事なのかもしれませんね。
 
この2匹はすこぶる順調で、ヒレの状態も体色も良く、安定していた。
 

追加の3匹

最初の2匹を飼育し始めて、50日ほど経過。この頃から特に餌の時間前後で、2匹間の小競り合いが起こるようになり、上下関係が出来上がる。餌はどちらにも行き渡っているが、見る見る体格に差が出始めた為、かなりのストレスがあるのだとわかる。
 
これを期に過密は承知で、チョコグラ追加を考える様になり、2017年3月26日に3匹を購入。
届いた袋の水は茶色く、おそらくショップではブラックウォーター下での管理だったと思われるが、不覚にもpH測定をせず・・・
到着時の水温は20℃。プリセットヒーターを隔離水槽で使用していた(レッドプリステラ1匹が体調を崩していた)ために、水槽にビーカーを浮かべたまま、ピペットで30分毎に50mlの水の抜き差しをする水合わせを5時間半行い、本水槽に投入。この時点では元気に泳いでいたが、尾ビレが一部切れている個体や、尾ビレを閉じている個体がいて、状態はあまり良くなかった。
 

白点病発症→治療、そして…

新規に3匹を追加した翌日。夕方に仕事から帰ってみると、新たに投入したチョコグラすべてが白点病を発症。
新規投入した個体のみの発症だった為、本来なら、この3匹を隔離して、魚に害の少ないメチレンブルーで、じっくり薬浴するのが良かったのだと思いますが、この時点で我が家のトリートメントタンクには、前々から調子の悪かったレッドプリステラを隔離しており、原因不明という事もあって、これと一緒に隔離、もしくはレッドプリステラを本水槽に戻して、チョコグラを隔離という手段はリスクが大きいと判断し、本水槽での治療を選択しました(数日後にレッドプリステラは亡くなった)。
薬浴は、アグテンパウダー規定量を4回、ほぼ3〜4日に1度のペースで投与。発症から6日目に水槽内全体に白点が蔓延し、白点を発症した3匹の胸ビレも白く濁って来た為、8日目に0.1%以下(24l水槽に20gの塩)の塩水浴を合わせて実施したが、塩水を入れたタイミングから、白点は付いていたが、決して調子が悪くなかったチョコグラ達も一気に調子を崩す。
 
それまで、初期に白点を発症した内の1匹は尾ビレを閉じたままで、状態が良くなかったが、それが、全員、尾ビレを閉じているし、体色にツヤがなく、白っぽい個体もでてきた。ほとんどが底でジッとしている事が多く、うち1匹は目が黒ずんでおり、かなり危険な状態となる。
チョコグラの調子が悪いのと、白点が魚からほぼなくなった為、白点病発症から11日目の投薬を最後に、投薬を中止。水換え中心のメンテナンスに移行。この頃から1匹が尾ビレを開いて、かなり調子を上げて来たが、16日目、17日目に連続で2匹、19日目にもう1匹、計3匹のチョコグラが亡くなってしまった。
 
尾ビレはずっと閉じていたが、白点は無く、内2匹の体色はそれほど悪くなかったし、餌も食べていたので、体力が落ちていたところに、水換えなどのストレスが加わり、pHショックを起こしてしまったのかもしれません。
 

 チョコグラを飼ってみて思ったこと

そして、現在、再追加した2匹のトリートメントが終わって、リセットも完了した水槽で4匹のチョコグラが元気に泳いでくれている訳ですが、寿命は3年程度といわれているチョコグラ。この先飼育を続けてみないとまだまだわからない事は沢山ありますが、最初の飼育開始から100日を経過して思った事、自身が今後の飼育に対して覚えておく、考慮しなくてはいけない事として、まとめておきます。
f:id:toronto1030:20170511232224j:image
 

とにかく購入時の状態、水合わせ、トリートメントが重要。

繁殖を狙った場合には、かなり酸性寄りの水にしないといけないのかもしれませんが、一部ネットで書かれているように、
ピートを仕込んで水作りを行って、水合わせ。
飼育はブラックウォーター、ベアタンクで単独飼育。
というほどシビアではないのではないかと思います。
鑑賞飼育であれば、ブラックウォーターである必要性も、単独飼育にする必要性も感じません。pH7.0以下であれば、カルキ抜きしただけの水でも順応してくれると思いますし、濾過をきかせて、水換えと底床掃除を怠らなければ、飼育自体は他の生体と変わらないと思います。
 
ただしです!!
 
購入した個体の状態が悪い、また、水合わせに失敗した場合などは、急激に調子を崩して、病気を発症し、回復もしにくいです。
 尾ビレを閉じていたり、体色がずーっと悪いままだったり、前後に小刻みにピクピクと動いていたりした場合は、かなり良くない状態だと思います。
 
新しい個体を迎える時には、たとえ、良い個体を選べたとしても、別水槽を準備して、そこでじっくりと様子を見てから本水槽に投入した方が良いと実感しています。
 

一度体調を崩すとなかなか調子が上がらない。

白点病治療で痛感しましたが、明らかに混泳していた他のテトラやコリドラスに比べて、回復は遅く、調子を崩すのも早いです。混泳していたダイヤモンドネオンテトラは白点に感染していましたが、調子は崩さず回復。コリドラス、レッドプリステラにいたっては白点にさえならなかったのに比べ、先住のチョコグラ2匹は、白点に感染後、後から入れたチョコグラ同様、一気に調子を崩してしまい、5匹中3匹は回復することが出来ませんでした。
初期に良い状態で迎えて、注意深く観察し、調子を崩させないことが非常に重要だと思います。
 

塩水にかなり弱い。(因果関係は明確ではありません)

もともと塩に対する耐性は低いという情報があって、迷ったんですが、治療の為に、消灯時間にかなり濃度を薄くした(0.1%以下)塩水をいれて塩水浴を行った結果、翌朝から明らかにチョコグラのみ調子を崩してしまった。
塩水を入れた翌朝というタイミングだけなので、明確な因果関係はわかりませんが、自身は塩水による影響ではないかと感じましたし、チョコグラを飼育している環境で、二度と塩水浴はしないと決めました。
 

一旦落ち着けば、新しい水も気にしない。

導入がうまく行き、一旦落ち着いてしまえば、カルキを抜いて温度を手の感覚であわせただけの水で1/4程度水換えをしても、まったく気にしない。むしろ注水中の水に近づいてくるし、水換えしたほうが良い気がします。
 

餌の時間の前後には同種同士でかなり小競り合いをする。

これに関しては、自分が思っている以上でした。水草水槽だったので、退避できる場所も豊富にあり、それほどでもないと思っていましたが、
かなりの勢いで追い払いますし、突きます。最初2匹だったチョコグラを過密覚悟で追加購入したのは、この上下関係による片方のストレスを心配した為ですから。
基本的に他の魚にはちょっかいを出しません。ただ、ヤマトヌマエビには、かなりしつこく、ちょっかいを出すことがありましたが、いびり倒すまでではなく、これによるエビの衰弱などはないです。
 

体色の変化、模様について。

まず、体色の変化。
最初はビビリましたが、トリミングや、コケ掃除、底床掃除など、水槽内に手を入れると流石に警戒して体色を薄くしますし、寝る前などは擬態色になります。また、突きあう時などは特に追われるほうの体色は変わります。
状況に応じて体色を変えますが、常に色抜けしたような状態の時は、上記した通り、要注意です。
次に模様や斑点について。
飼育をはじめて、体色も良くなり、人にも慣れた頃に気が付いたんですが、目元、口元に赤い点々があることがあります。どうやらこれは感覚器官の様です。
幼魚には、よくみられるものらしく。ツイッター有識者の方に教えていただきました。はじめは病気だと思って、こちらもかなりビビリました。
 

寝る時は水面付近で寝る。

照明が消える時間になると、水面に浮いてきてヒレを思いっきり広げて、体色を擬態色にして寝ます。
 

言われているほど水流を嫌わない気がする。

その体系や泳ぎ方から、激しい水流はダメだと思います。うちはエーハイム2211をメインに吸水側にサブフィルターをつけて、出水はリリィパイプスピンですので、水流はやさしいほうだと思いますが、それでも水槽内の水草はゆらゆらします。これに夜間エアーレーションをしていますので、水面も多少波打ちます。それでも、水槽の隅や障害物の横で、ちゃんと寝ていますし、照明時間にはリリィパイプ付近で泳いでいることも多いです。要は休める場所が水中と、水面にあればよいということだと思います。
 

スネールを食べる

おそらくですが、チョコグラはスネールを食べますね。遊んでいるだけかもしれないですが、スネールを突いて、口に入れては出してを繰り返していることがありますし、爆発的に増えても良いはずが、うちの水槽では増えるどころか、減少しました。

餌が少なすぎる事もあるのかもしれませんが、多分食べてる気がします。

 

オスとメスの見分け方(と、書いてみたものの)。

これは、自身の飼育している個体からはまったく判別できません。お手上げ、グリコです。

一般的には以下のように言われてますね。

綺麗なのがオス、地味なのがメス。メスは尾ビレと尻ビレが黄色くなってくる

顎が丸いのがオス、真直ぐなのがメス

背びれの尾びれ側が丸いのがオス、トンガって長いのがメス

腹の色が濃くてシマシマなのがオス、薄くて白っぽいのがメス

らしい。

ただ今のところ、自身はまったく判別がつきません・・・・。

 

 

これまでの少ない経験から、自身が思った事をダラダラと書いてみました。

 
読んでいただきありがとうございました!