Choco-Goura Keepers

アクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

南米水槽からダッチ風水槽へ。コケ対策として実施したことの話

 

最近、小さな30センチキューブにどんどん水草を植えてるトロントです!

 

今回の記事は南米水槽あらためダッチ風水槽に至る経過で悩みのタネだった髭ゴケやアオコを改善すべくやって来た事をまとめてみました。

 

この水槽はコリドラス中心にしているため、水は汚れやすく水質は安定しにくい状況だったと思います。

そのため、黒髭ゴケやガラスに着くコケなど掃除しても掃除しても追いつかない状況でした。

ここに書いてある他にもコケ掃除やトリミングなど日々の管理はやってますが、主に変えた事や追加した事など抜粋して時系列に並べてみました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

2018/10/23
リン酸除去剤を外部フィルターに設置し、2ヶ月に1回交換(現在も継続)
→ これ以前はpHも6を切る程低かったが、この後pHは6.5前後で安定。

 

2018/12/2
水草の量を増やした
→ 水草の量を増やし、余分な養分をコケに回らないように考えたが、南米産の水草に限定したことで、思うように育たず、コケの衰退には至らず。

水換え頻度を増やした(現在も継続)
→ 水換えの頻度を2週間1回から1週間1回に増やし、過剰な養分の排出を狙うが、同時にカリウムメネデールの添加を行ったことが影響してか、良化せず。

 

2019/2/9
オトシンクルス追加
→ 主にエキノドルスについたコケ取りとして投入。予防程度の効果はありそう。

 

2019/2/26
水換え時の液肥添加を停止
→ 水草の量を増やしたことでカリウムおよび鉄分の添加を行っていたが、ガラス面へのコケの付着も一気に増加したため、添加を停止する。

 

2019/3/8
コケに侵された水草をトリミング&撤去し、有茎草を増やした
→ 傷んでしまったり、コケまみれになってしまった水草をトリミングしたり撤去し、新たに有茎草を植栽。この頃からガラス面にコケがつかなくなる。

 

2019/3/9
照明と出水パイプを変更
→ 照明は前景草を植えない自分の環境では明るすぎると考えて「ADA アクアスカイムーン301」から赤系を含んだ「GEX POWERⅢ 60cm用」(隣り合わせの「東南アジア水槽」とまたいで兼用で設置)に変更。
また、出水パイプとして使用していた「ADA リリィパイプ スピン」の下に水流が集中し、そこに植えてある水草にヒゲゴケが蔓延していたため、水流改善の狙いで「DOOA ストリームパイプ オーブ」に変更。これにより水流は水面に流れるようになったが、出水口対抗面下の水草が揺らぐ程度の水流が発生。こちらは現在経過観察中。 

 

2019/3/10
器材とエキノドルスに付着した髭ゴケを除去
→ 新たな発生ではなく、掃除をさぼって残っていたサーモとエキノドルスに付着したヒゲゴケを手でむしったりしながらできる限り除去する。

 

2019/3/16
コケの発生が沈静化

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

トリミングや掃除以外で自分なりに効果があったと思えたものを、実感できた順番に上から並べると

液肥ニュートラルKとメネデール)の添加を控える(添加した次の日にコケがうっすらガラス面についていたが、それが少なくなった)

・照明の変更(ガラス面へのコケの付き方が明らかに違い、ほぼ発生しなくなった)

・水流の改善(照明変更と同時に行ったため、効果が分かりにくいが出水パイプ下のコケは抑制)

水草の追加

・水換え頻度を増やす

・リン酸除去剤投入

といった感じでしょうか。

 

水草の思い切った撤去とトリミング、新たな有茎草の植栽を行って、すぐに照明と水流の改善をしたあたりからコケの勢いは一気に治まった印象です。

生体が過密気味なので、必要な養分はそれらの排泄や残餌でまかなえているのでしょう。唯一、新たな水草を植栽する際に、イニシャルスティック(カリウム系の肥料)を一本底床に刺してます。

 

あと、やっぱり照明ですかね。
パワーⅢに比べ、アクアスカイムーンは相当明るかった。
うちは玄関アクアですが、この照明の違いで玄関自体の明るさがそもそも全然違いましたから。
うちの様に小型の水槽で前景草がなく、生体過密の環境ではアクアスカイムーンは明るすぎるんでしょうね。自分の技量の無さかもしれませんが・・・

 

ともあれ今現在(2019/4/1)はガラス面、水草へのコケの付着はほとんどなく、髭ゴケの侵攻もほぼなくなってます。

相変わらず赤い水草が赤くならないですが、水草の成長に関してはほぼほぼ順調ですし、今後は植えている水草のトリミングと差戻しを繰り返してボリュームアップさせるとともに、増やせる範囲で水草を増やしながら乱雑な水草水槽を少しでも整えていけたらと思っています。 

f:id:toronto1030:20190402131854j:image

読んでいただき、ありがとうございました!