Choco-Goura Keepers

アクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

コリドラス水槽立ち上げたいな。と思って考えている底床の話

久しぶりの更新です

 

以前リセットしかけてそのままになっていた第2期陰性水草水槽ですが、迷った挙句、小さいながら(30センチキューブという底面積の小さな水槽ですが)コリドラスメインの水槽にリセットしようとおもいます。てか、しちゃいました。

名前は先決めで『南米水槽』

 

コリドラスの水槽といえば、底床にボトムサンドや田砂を使った水槽をイメージされる方がほとんどだとおもいますが、今回は、吸着系ソイル「コントロソイル」で立ち上げます。
※コントロソイルを使うのは色が黒いのと低pH、低硬度で水質維持してくれるからです。

 

コリドラス水槽でソイルを使用するのは一般的には邪道のようですが、これには自分なりの一定のこだわりと考えがあります。

今回の記事は、なぜ吸着系ソイルでコリドラスなのかについて書いていきたいと思います。栄養系ソイルは今回のお話からは除外です。

 

 

コリドラスの飼育をメインにした水槽で、底床にソイルを使用した場合の最大のデメリットは、

・ソイルの粒が大きく、コリドラスが砂に頭を突っ込んでモフモフする仕草(砂ごと餌を吸い込んでエラから砂を出す仕草)が見られない事。

ではないでしょうかね。

そして、これはソイルを使う以上、対応策がありません。お手上げです。

あきらめきれない人は細かい砂を底床に使うか、もしくは、ある面積だけ砂地を設ける(底床の敷き分け)しかないわけですが、自分が思うデメリットって、実はこれだけなんです。

 

一般的にコリドラス水槽でソイルを使うことのデメリットとしていわれるのは、

コリドラスが底をほじくるのでソイルが崩れてしまう。

・底床掃除ができない。もしくはやりにくく汚れが溜まるので、コリドラスが病気になりやすい。

というものだとおもいます。

でも、陰性水草水槽をプロジェクトソイルで1年以上維持してきて、「いや、別にそんな事ないけどなぁ。」というのが自分の感想です。

一般的に言われるデメリットと自分の見解が乖離している理由は、恐らく、底面フィルターを使用している事と、活着系の水草主体のレイアウトだからなんだと思います。

底面フィルターなので底床の通水性は良く、清潔に保ちやすいですし、プロジェクトソイルやブルカミアなどのソイルは底面フィルターで使用する事を前提としているので、他のものより硬くできていて崩れにくい。また、自分はプロホースで結構ザクザク底床掃除をするのですが、水草が邪魔な場合は活着している石や流木毎退かせば良いですし、これによりソイルがひどく崩れる事も無く、その性能を1年以上維持してくれています。

当然ですがソイルの固さのおかげでコリドラスのヒゲや鰭が磨り減ったり、ちぎれることはありませんでした。

 

この様な少し特殊な(底面フィルター+吸着系ソイルの組み合わせ)環境だったからこそ、コリドラス飼育におけるソイルのデメリットを実感できなかったのかもしれません。

 

 

では、底床をソイルにするメリットはなんなのか?

 

最大のメリットは、なんといっても水質を弱酸性の軟水に安定的に維持できるという事です。

『黒い水槽』では、底床に砂(今はナノグラベルというセラミック素材の人口砂)を使っていますが、石組みにしたことでpHがアルカリ寄りに傾き、なかなか弱酸性で安定してくれなかった。今はピートモスを水槽内に設置し、フィルター内にはソイルを入れて何とか弱酸性を維持していますが、気を抜けばすぐに中性に戻ってしまう。

これに比べて吸着系ソイル+底面フィルターを使用している第2期陰性水草水槽のpHの安定感は抜群です。

1年間毎日ではないですが2日に1回以上の頻度でpHを計測してきて、pH6.2-6.6の範囲にほぼおさまってる。
もちろん水換えやフィルター掃除、底床掃除はしていますが、
この安定感に勝るものが他の底床材を使ってなにか得られるのか?って話です。モフモフ以外で。

 

これが底床をソイルにする最大の理由です。実に単純。

 

もちろん、水質が安定しているのはこれだけではなく、メインフィルターはエーハイムの外部フィルター2211とサブフィルター2211を連結して使用しているので、この影響もあるかもしれませんが、この様な考えの下、底面積をなるべく稼げるレイアウトにして、多数のコリドラスを飼育したいとおもいます。

 

今回は黒いソイルを使いたいので、ブルカミアDやプロジェクトソイル水草は使わず、コントロソイルを使いました。

f:id:toronto1030:20180609213120j:image

こんな感じ。

 

今日の午前中にリセットして水を入れて、夕方にはこの透明度です。

さてさて、狙い通り水質は安定し、ソイルは崩れず、なによりコリドラスは元気に暮らせるのか?

楽しみです。

 

あと、こちらの水槽はソイルを敷くので『女王のヴェルデ』を移そうかともおもっています。

 

読んでいただき、ありがとうございました!!