Choco-Goura Keepers

アクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

(旧)ブセファランドラがゴチャゴチャにならない様に記録していく話

 この記事は、ブセファランドラを購入したり、成長に変化がある都度更新します。

 

2018年7月2日更新
エビオドリさんから頂いたクアラクアヤンとタイプⅡを追加

2018年5月28日更新
クダガンを1株撤去

2018年5月8日更新
カノウィットを追加

2018年3月4日更新
ブラックベルベットを撤去

2018年1月23日更新
カユラピスを撤去

2018年1月19日更新
ゴジラを大幅にトリミング

2018年1月15日更新
ゴースト1株撤去

2017年12月1日更新
ブランチウッド撤去に伴う移植

2017年10月8日更新
ゴーストを株分け

 

【ブセファランドラ】って、よく似ていても名前や種類が違うものが多いですよね。もしかしたら呼び名が違うだけなのかもしれないですが、いずれにしても、見た目で判別なんて、少なくとも自身には無理です。

必然的に、購入する時には名前のわかっているものを購入するようにしているのですが、どんどん種類を増やしていくと、後になって『これなんだっけ??』って事に絶対になるから、そうならない為に記録しておこうと思います。

水槽の様子

すべて流木か溶岩石に活着させて配置しています。

f:id:toronto1030:20170627105615j:plain

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブセファランドラ一覧

 

No.12 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. クアラクアヤン2
英語名:Bucephalandra sp."Kualakuayan Type2"
分布:東南アジア ボルネオ島 クアラクアヤン
栽培開始:2018年7月3日
購入単位:1株
特徴(独断):エビオドリチャンネルの”エビオドリ”さんからプレゼント企画で頂いたブセファランドラ。クアラクアヤン産のブセでタイプ1より葉が大きく、茶色っぽい大きめの葉でやや這う性質があるらしい。葉は先端に向かって幅広になる。

溶岩石にテグスで巻いて栽培中

f:id:toronto1030:20180703182308j:image

No.11 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. クアラクアヤン
英語名:Bucephalandra sp."Kualakuayan"
分布:東南アジア ボルネオ島 クアラクアヤン
栽培開始:2018年7月3日
購入単位:2株
特徴(独断):エビオドリチャンネルの”エビオドリ”さんからプレゼント企画で頂いたブセファランドラ。タイプの記載は無かったですが、おそらく”クアラクアヤン(北部産)1”と呼ばれているもの。うちではすでに北部産の1があるが、入手先が異なるので分けて管理します。

溶岩石に二株をテグスで巻いて栽培中

f:id:toronto1030:20180703182255j:image

No.10 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. ”カノウィット” シブ省
英語名:Bucephalandra sp."Kanowit" Sibu
分布:東南アジア ボルネオ島 サラワク州シブ省
栽培開始:2018年5月8日
購入単位:1株
特徴(独断):2012年4月にTB便にて入荷したサラワク州シブ省カノウィットにて採取された種(おそらく)を久美さんが増殖し、株分けしてくれた株。ブセの中では葉色が薄く、ほのかに赤味がかかる。

石にモスと一緒に巻かれていたものをそのまま栽培中

f:id:toronto1030:20180509090249j:image

No.9 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. 西カリマンタン
英語名:Bucephalandra sp."West Kalimantan"
分布:東南アジア ボルネオ島 西カリマンタン
栽培開始:2017年6月24日
購入単位:3株
特徴(独断):西カリマンタン産で、よじれる様にウェーブする葉が特徴的。色合いは明るいグリーン

流木に2株と溶岩石に1株をテグスで巻いて栽培中

f:id:toronto1030:20170626204705j:image

2017/12/1更新
流木の2株を溶岩石に移植

f:id:toronto1030:20171211095210j:image

f:id:toronto1030:20171211095225j:image 

No.8 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. クダガン
英語名:Bucephalandra sp."Kedagang"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年6月24日
購入単位:1株
特徴(独断):ブセファランドラ人気の火付け役となった定番種。独特の色合いと強いラメが入った葉はしっかりウェーブし、非常に綺麗

 2018/5/28更新
流木にテグスで巻いて栽培中(現在は小さな流木に移植)

f:id:toronto1030:20170626204650j:image

 

撤去:No.7 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. アップルリーフ
英語名:Bucephalandra sp."Apple Leaf"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年6月24日
撤去日:2018年3月27日
  黒髭に侵されて、衰退した為に撤去

購入単位:2株
特徴(独断):丸みをおびた葉を展開し、新芽は赤く染まる。うちに来た時は葉に斑がありとても綺麗な状態だったが、どうなるか・・・
 

No.6 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. クアラクアヤン1
英語名:Bucephalandra sp."Kualakuayan Type1"
分布:東南アジア ボルネオ島 クアラクアヤン北部
栽培開始:2017年6月19日
購入単位:1株
特徴(独断):”クアラクアヤン(北部産)1”と呼ばれている小型のタイプ。葉は明るいグリーンで、エッジのウェーブなどはない。増えやすく、水中に適合しやすい種で、適合すると少し葉が大きくなるらしい。

溶岩石にテグスで巻いて栽培中

f:id:toronto1030:20170628201723j:image

f:id:toronto1030:20180703182331j:image

 

撤去:No.5 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. カユラピス
英語名:Bucephalandra sp."Kayu lapis"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年6月15日
撤去日:2018年1月23日
  黒髭に侵されて、衰退した為に撤去

購入単位:群生1株
特徴(独断):”カユラピス1”と呼ばれている極小のタイプ。小さく細長い葉で、群生密度も高く前景向き

 

No.4 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

名称:ブセファランドラsp. ゴースト
英語名:Bucephalandra sp."Ghost"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年6月12日
購入単位:溶岩石付き1株
特徴(独断):少し丸みを帯びた濃い緑のラメ入り葉で、少し縦に育つ傾向がある

石に活着していたので、そのまま栽培中

f:id:toronto1030:20170614170714j:image

2017/10/8更新
少し成長したので、別の溶岩石に2株(計3個の石)に株分け

2018/1/15更新
一番手前の株の根が食害にあい、石から外れてしまった為、撤去(計2株に)

f:id:toronto1030:20171211101131j:image

 

撤去: No.3 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
名称:ブセファランドラsp. ゴジラ
英語名:Bucephalandra sp."Godzilla"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年6月8日
撤去日:2018年3月27日
  黒髭に侵されて、衰退した為に撤去

購入単位:輝板石付き1株
特徴(独断):細長くウェーブした少し大きく長い葉で、表面にはラメ、葉の裏は赤い

  

撤去:No.2 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
名称:ブセファランドラsp. ブラックベルベット
英語名:Bucephalandra sp."Black Velvet"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年3月25日
購入単位:4株
撤去日:2018年3月4日

  黒髭に侵されて、衰退した為に撤去
特徴(独断):非常に濃い緑で細長くウェーブしたラメ入り葉で、茎も赤く染まる

 

撤去:No.1 □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
名称:ブセファランドラsp. ブラウニーレッド
英語名:Bucephalandra sp."Brownie Red"
分布:東南アジア ボルネオ島
栽培開始:2017年3月15日
撤去日:2018年3月27日
  黒髭に侵されて、衰退した為に撤去
購入単位:流木付き1株
特徴(独断):小さく丸みをおびた葉で、葉の色は濃いグリーンと薄いグリーンが混在しており濃い葉にはラメも入る。背は低く前景向き

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブセファランドラの栽培環境(初期)

水槽:ADA キューブガーデン 30×30×30
照明:アクアシステム ファインスポットLED 10W(6時間点灯)
底床:アクアシステム 
プロジェクトソイル 水草

フィルター:エーハイム 2211(メイン) + エーハイム アクアコンパクト2005(サブ)、アクアシステム プロジェクトフィルターPS(底面)
CO2:照明時間に1滴/2秒を直添
AIR:消灯時間にエアストーンにて
水温:26℃
生体
チョコレートグラミー:4匹
ダイヤモンドネオンテトラ:12匹
レッドプリステラ:2匹
コリドラス・コンコロール:1匹
ヤマトヌマエビ:5匹
石巻貝:1匹
水草
クリプトコリネ4種(ウェンティー・トロピカ、パルヴァ、バランサエ、ウェンティーグリーン・ゲッコー)
ミクロソリウム2種(セミナロー、ウェンディロフ)
有茎草2種(ベトナムゴマノハグサ、ルドウィジア・レスペンス“ルビン”
浮き草1種(マツモ)
成長の遅いブセファランドラの栽培で厄介なコケを抑制するため、マツモを入れて余分な養分を吸収させるとともに、照明の照射角は60°にし、照明時間も短めに設定しています。
ソイルと水換え時のジクラウォーターに含まれるであろうわずかな養分のみで、肥料分は一切添加していません。CO2は有茎草の成長とpHコントロールの為に直添式の拡散器で添加しています。