Choco-Goura Keepers

主にチョコレートグラミー育成ブログ

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

リセットから半月経過したメイン水槽の話

子供の日にリセットして、ほほ半月経過したので、現在までの様子を書いておきます。

 

リセット後は底床の色も含めレイアウトも大きく変更し、また、照明も変更したことで、魚たちは、まだ新しい環境に馴染めていない感じ。特にCo.コンコロールは、人が水槽に近づくだけで、一目散に物陰に隠れてしまいます。慣れるまではまだ時間がかかりそうです。

新たに迎えたチョコグラは元気ですが、先住の2匹よりも体色が薄いのが少し気がかり。慣れてくれば良くなるんでしょうかね。経過を見守りたいと思います。

f:id:toronto1030:20170522103105j:image

チョコグラは4匹になった事で、餌やり時の追っかけっこも、分散してはいますが、相変わらず激しいです。餌やり以外では、そんなことはないんですけどね。

とはいえ、生体は、チョコグラをはじめ、低pHに馴染めるか心配していたヤマトヌマエビ含め、皆元気で、病気も怪我もありません。

 

水草の方は、照明を暗くした事と、底床肥料を使っていない事、何より底面フィルターを設置した事で、ソイルに植えたルドウィジアベトナムゴマノハグサ、ラオススプライト、ポゴステモン・ヘルフェリーが無事に根付くか心配でしたが、概ね順調です。一部、光の当たりにくい位置のスプライトが抜けてしまうので、脇芽を出したところからトリミングして差替えを行う予定にはしています。

クリプトもゲッコー、パルヴァ、トロピカ、バランサエの4種類とも安定している様に見えます。パルヴァは最初の植え込みが浅く、後日、浮いてしまったので、現在は深めに植えなおしてます。

ブセファランドラは薄っすらとコケがついていますが、ヤマトヌマエビがツマツマしてくれてますし、新芽も出ているので問題なし。

唯一心配なのは、ミクロソリウム・セミナロー。葉の一部が黒くなって、調子が悪そうなので、こちらも早々にトリミングして整えたいと思っています。

f:id:toronto1030:20170522105405j:image

上から覗いた水草の様子。現時点で肥料は与えていません。

 

リセットして間もないので、当然かもしれませんが、コケについては、ガラス面に薄っすらと付く程度で、状態は良いと思います。これは、余計な養分を吸収してもらう目的で植えたスプライトと、照明を暗くした事の効果が少しあるのかな。とも思っています。リセット前は養分吸収の目的でハイグロフィラ・ポリスペルマを植えていましたが、成長が早すぎて持て余したので、今回はスプライトにしてみました。

f:id:toronto1030:20170522102647j:image

光の当たるところは非常に順調なスプライト

 水質の方も良い意味でpH6.4〜6.6でほぼ、安定しています。

若干、硬度が高いのが謎なのと、硝酸塩濃度が25mg/l程度を常に検出するのが気がかりですが、こちらは水換えで対処できるので、しばらくは水換えをしながら注意深く観察していこうと思っています。

 

今後は、ブセファランドラを少しづつ増やしたいとは考えていますが、少しレイアウトを考えないといけないですね。

f:id:toronto1030:20170522105434j:image

現在の様子

読んでいただきありがとうございました!