Choco-Goura Keepers

チョコレートグラミーの育成とアクアリウムに関するちょっとした話

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

チョコレートグラミーが大好きだという話

こちらも引越し元ブログからの展開です。

 

なぜ、これほどまでにチョコレートグラミーが好きなのだろう・・・

 

自身の管理不行き届きにより、白点病を発症させて短期間に3匹も落としてしまい、正直、今も少し落ち込んでる。

でも、また、すぐに数匹飼いたいという衝動があり、すでに2匹をトリートメント中。

 

ここまで魅力的なのは何故なのか?

ちょっとだけ考えてみる。

 

『行動』

よく言われる、ホバリングやスィーっと泳ぐ。などという単純な泳ぎではないんです。

この子達は、何かの目的なり、好奇心があって『行動』しているんです。

他の魚もそうでしょう。

でも、それが、チョコグラの場合は、はっきりと泳ぎから見て取れるんですよ。

 

エビの卵に興味を示して、お腹を突く仕草。

f:id:toronto1030:20170429163804j:image

水草についた気泡を、タックルして水中に放つ仕草。

水槽に近づくと、勢い良く出てきて、俺を確認しながら、水面で餌を待つ仕草。

餌の時に他の仲間を威嚇して追い払う仕草。

追い払われまいと、腹を見せて服従する仕草。

 

これらが明確な行動として現れるし、見てとれるんです。

そこに愛着が湧く。

 

次に 

『表情』

何と言っても目と口の動きです。

これも、他の魚ではなかなかあらわれない。

 

餌の時間に追われて、物陰から、餌を見つめる上目遣い。 

まるで水中で呼吸をしているかの様に目一杯開く、おちょぼ口。

 f:id:toronto1030:20170429164422j:image

本当に見ていて飽きないし、愛らしい。

 もちろんその体つきや、大きさ、体色も好きですよ。

俺が、チョコグラを飼い始めたきっかけは、写真で見たディテールでしたし。

 

ただ、今回あげた『行動』と『表情』は、他の魚と混泳していて、明らかに他とは違う魅力です。

 

もっと元気よく、ストレスなく自由に泳ぐチョコグラが見たい。

たくさんのチョコグラを飼育してみたい。

こう思わせて止まない魅力があるんだと思います。

 

読んでいただきありがとうございました!