読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choco-Goura Keepers

主にチョコレートグラミー育成ブログ

このブログに記載している内容は、アクアリウムに関する個人的なメモを含みます。あくまでも自身の経験と知識による見解ですので、万が一参考にされる場合は個人の責任の下でお願いします。また、ご意見、ご感想等ございましたら、お気軽にコメントください。

【実験】ニュートラルKはpHを上げないのか?

引越し元のブログの記事を少しだけ編集して再掲載します。


pHとKH(炭酸塩硬度)を上げないカリウム補給液『ADA グリーンブライティ・ニュートラルK』

f:id:toronto1030:20170427221720j:plain

これは、カリウムなのにpHとKHを上げない。らしい。
水草水槽でチョコレートグラミーを飼育してる身としては、なんともありがたい製品なので、すぐに購入したわけですが。これはどうしてpHとKHを上げないんだろう・・・
 
まず、丸いボトルの『ブライティK』ですが、いろんな方が言っている様に、単純なカリウム溶液だとすれば、そもそもカリウムはpHを上げるものなので、当然影響はでますよね。
自身も添加していてpHが上昇する傾向がみられたので、規定量以下の添加を心がけていました。
 
一方、『ADA グリーンブライティ・ニュートラルK』の取扱説明書には、
 微量元素の補給は 『ミネラル』
 鉄分は 『アイアン』
 窒素は 『ニトロ』
を併用と書いてある。
ということは、窒素を含んでいるわけではなさそう。
そうなるとリン酸??
いや、これは考えたくない
(リン酸は実際にpH降下剤として使われてますが、コケの発生に大いに貢献する)
うーーん、クエン酸でも入ってるのかな。
ま、勝手な推測はさておき。
 
今回は、
ニュートラルK』が本当にpHを上げないのか?
そして、『ブライティK』(丸いボトルのもので、新製品のものではありません)はpHをどれほど上げるのか?について実験してみました。
 
あくまでも素人の設備でやっていますし、都度、ビーカー、シリンジ、エコペーハーを濯いでいますが、完全に前の液体がとり除けていない可能性があります。また、計量もビーカーとシリンジの目盛りで若干老眼が気になる年頃の自身が見てのものですので、あくまでも結果については、個人の判断でお願いします。

f:id:toronto1030:20170427221519j:plain

実験方法と結果は以下の通り
pH測定は校正した『マーフィードエコペーハー』を使用
 
1. バケツに5lの水道水を入れる
2. 塩素中和剤『アクアシステム CLC』を1ml入れて撹拌(規定量は水10lに対し2ml)
3. pH測定 2.の水のpH7.6】

f:id:toronto1030:20170427221545j:plain

4. ビーカーにカルキ抜きした2.の水を1l入れ『ADA ブライティK』を0.1ml添加して撹拌(規定量は水20lに対し1ml)
※:本来は1lに対し0.05mlですが計量できないので1mlとしました
5. pH測定 4.の水のpH9.0】測定後は水を捨てて濯ぐ
6. ビーカーにカルキ抜きした2.の水を1l入れ『ADA ブライティK』を1ml添加して撹拌(規定量は水20lに対し1ml)
7. pH測定 6.の水のpH9.7】測定後は水を捨てて濯ぐ

f:id:toronto1030:20170521223548j:image

8. ビーカーにカルキ抜きした2.の水を1l入れ『ADA グリーンブライティ・ニュートラルK』を0.1ml添加して撹拌(規定量は水20lに対し1ml)
※:本来は1lに対し0.05mlですが計量できないので1mlとしました
9. pH測定8.の水のpH7.8】測定後は水を捨てて濯ぐ
10. ビーカーにカルキ抜きした2.の水を1l入れ『ADA グリーンブライティ・ニュートラルK』を1ml添加して撹拌(規定量は水20lに対し1ml)
11. pH測定10.の水のpH7.4】測定後は水を捨てて濯ぐ

f:id:toronto1030:20170427221637j:plain

12. 最後にもう一度、バケツに残った2.の水のpHを測定 2.の水のpH7.6】
 
以上です
 
簡単にまとめます。
 
①『ADAブライティK』を添加すると、添加した直後にpHが上昇する。
ほぼ換算規定量の添加で7.6→9.0
1lに1ml(規定量の20倍添加)で7.6→9.7
 
②『ADAグリーンブライティ・ニュートラルK』を添加すると、添加した直後にはpHはほぼ現状を維持する。pHは上昇しないと思われる。(規定量では、微増しましたが、多めの添加で微減した為、ここではこの結論とします)
ほぼ換算規定量の添加で7.6→7.8
1lに1ml(規定量の20倍添加)で7.6→7.4
 


自分でもちょっとびっくりしました。
何にびっくりしたかというと、ブライティKの結果です。
大型の水槽で、規定量を添加なら、ほぼ影響しないのでしょうけど、自身のように小型水槽だと、ちょっとシビアに考えちゃいますね。
 
ということで、チョコグラ飼育をしている我が家の水槽では『グリーンブライティ・ニュートラルK』を使用していきたいと思います!
 
最後に一言。
あくまでも個人的な実験結果です。何をするにも、個人の判断でお願いします。
あと、ADAをdisってるわけではありません・・・個人的にADA製品は機能的で好きですし。
悪しからず。
 
※今回の結果はカルキ抜きにCLCを使用し、さらにブライティKにも塩素中和剤が入っていますので、その辺はどうかな。ということがあるかもしれません。新しく2017年2月に発売されたブライティKは塩素中和剤が入っていませんし、それ以外の成分が同じで、上記の様な結果が出るかどうかはわかりません。
 
読んでいただきありがとうございました!